Loading...
低山ハイキング/トレラン

多摩ニュータウンでトレイルランニング練習③ 高幡不動~かたらいの路~野猿の尾根

多摩ニュータウンでトレイルランニング3回目。多摩ニュータウンの北端の尾根をはしってみました。

今回のランニングルート

多摩ニュータウンの北のはずれにある七生丘陵。尾根道の一つ、高幡不動~野猿峠まで続く道は野猿峠ハイキングコースとして親しまれていたそうです。

宅地開発や遊園地多摩テックの開業などの影響でその道は途切れてしまったのの、再整備されている部分もあります。その道を走ってみました。

高幡不動駅からスタート 七生丘陵/かたらいの路を行く

京王線高幡不動駅下車。駅前に七生丘陵散策案内の看板がありました。七生丘陵のハイキングコースのうち、高幡不動から多摩テック跡前までは「南平丘陵散策コース/かたらいの路」として再整備されています。今回は走るのはその道。日野市観光協会のウェブサイトでその地図をダウンロード可能です。

まずは高幡不動尊へ参道を通って向かいます。

高幡不動尊

まずは高幡不動尊にお参り。不動堂と五重塔。

せっかく来たので高幡不動の奥のほうまで行ってみました。大日堂という高幡山の総本堂へ参拝。

カルミア(アメリカシャクナゲ)の花が満開でした。

大日堂の横にお地蔵様が6体おられます。この横から高幡山(高幡城址)に登れます(五重の塔脇からも登れる)。

高幡不動横の山内八十八ケ所巡拝路

山を登るとまず鐘楼。

この高幡不動横の山道は、四国八十八ケ所巡拝を模した巡拝コースとなっています。

このあたりが高幡城址だったと思います。

道沿いに弘法大師が八十八体おられます。全部は拝みませんでしたが、通り道沿い大師様には手を合わせつつ進みました。

 

南平団地を抜ける(南平丘陵散策コース/かたらいの路)

いったん山を出て住宅街を進む。舗装路沿いにも「南平丘陵散策コース/かたらいの路」の看板がある。

この階段からトレイルに入ります。

多摩動物公園横を走る

多摩動物公園の外縁のフェンス沿いを走る。狭いけど走ってて楽しい道。

道沿いに御嶽大神が祀られている場所がありました。

なにやら展望がよい場所が。

みはらし公園近くの絶景ポイント

南平の住宅地の上に出ました。ここがとっても景色がいい。写真じゃはっきり写ってませんが左のほうには丹沢から高尾山が。

さらに埼玉の奥武蔵・秩父の山々まで。

いったん住宅街の舗装をを走る。この先の突き当りからまたトレイルへ。

多摩動物公園横のトレイル再び。多摩動物公園は広い敷地なので内部の様子までは見えません。

が、オラウータン舎のあたりは覗けることができました。オラウータンは寝ていた。

多摩動物公園を過ぎて、私有地という竹林の横を下ります。

多摩テック跡地をぐるり

多摩テックの跡地の前に出ました。この場所って明治大学が施設を作る予定だったのだけど計画が頓挫。訴訟問題になっているんですね。

多摩テック跡地には入れないので迂回します。

このような墓地の上を通る。遠くに見えるのは丹沢。多摩ニュータウンから丹沢ってけっこう近い。

多摩テック敷地横を走る。

平山城址公園

多摩テック敷地を過ぎると平山城址公園へ入ります。自然豊かな公園。遊歩道もたくさんあるので、ぐるっと回ってみる。

展望がいい場所もあります。

平山城址公園内をぐるっと走って、このゲートから外へ。

野猿の尾根道

ここからは野猿峠へ続く野猿の尾根道。昔は猿もいたのでしょうね。

ところで、野猿峠といえば、八王子から野猿峠を経由し多摩市まで伸びる野猿街道。野猿街道といえばその通り沿いにあるラブホテル「ホテル野猿」。始めて「ホテル野猿」の看板を見たときはどういうネーミングセンスしてんのか?と不思議に思ったものです。とんねるずがかつて結成した音楽ユニット「野猿」はそのラブホテル「ホテル野猿」が名前の由来だということは知る人ぞ知る話。

 

「この先車は通り抜けできません」との錆びた看板あり。でも、徒歩でも通行不可との情報がありましたので、ここからいったん住宅街へ降りて大幅に迂回。

長沼公園

住宅街をぐるりと走って長沼公園へ。

長沼公園最上部の野猿の尾根道を走る。山の北側斜面に整備された長沼公園も自然残る広大な公園で、トレイルもたくさんあるので、ぐるりと走りたかったのですが。

鎌田鳥山でゴール

野猿の尾根道を走り、鎌田鳥山の手前で今回のランニング終了。

走ってて楽しいトレイルがあり、景色がいい場所もあり走りに来てよかったと思ったのでした。

「鎌田鳥山」については次のエントリーに続く。