Loading...
低山ハイキング/トレラン

多摩ニュータウンでトレイルランニング練習① 多摩よこやまの道 からきだの道

東京近郊でトレイルランニング練習ができる!?との情報を見つけて、さっそく走ってきました。

雑誌ターザンのTrazan Trailsという連載

雑誌Tarzanに気になる連載が。Trazan Trailsという企画なのですが、手軽に走れるトレイルラン練習用コースを紹介しているのですね。

雑誌TarzanのNO.738で紹介されていたのが[小原将寿トレーニングコース]。小田急線の栗平駅から唐木田駅までのトレイルコースが紹介されていました。

多摩ニュータウンというと、私はかつて10年以上住んでいたことがあり、なじみのある場所。でもトレイルがあるなんて知らず、意外な気がしたのでした。

ということで、5月のとある日に、Trazan TrailsのページでダウンロードしたGPSのコースデータを、自分のガーミンに入れて走ってみました。

 

今回走ったコース


小田急多摩線栗平駅からスタート→鶴川台・栗木→黒川よこみね緑地→【多摩よこやまの道】→鶴見川源泉→長池公園→【からきだの道】→多摩センター駅前でゴール

長池公園の辺りまでは、Trazan Trailsで紹介されていたコースをそのままなぞって走りましたが、その後はいろいろ寄り道などもして、唐木田ではなく多摩センターまで走りました。

大きく分けると

  1. 東京都町田市の鶴川台団地と神奈川県川崎市麻生区栗木の県境に整備されているトレイル
  2. 多摩ニュータウンの南端、若葉台の北にある丘の上広場公園から南大沢の南にある長池公園まで、南多摩幹線道路に沿って整備されている多摩よこやまの道
  3. 里山の風景を残しながら整備された長沼公園内のトレイル
  4. 府中カントリークラブに沿って整備されているからきだの道

これらのトレイルをつないだコースということになります。

 

小田急多摩線栗平駅から栗木・鶴川台のトレイルへ

小田急新宿駅から電車に乗って新百合ヶ丘で小田急多摩線に乗り換え。2つめの栗平駅下車。まずは常念寺というお寺を目指す。その常念寺の門の前を登っていく。

風の谷幼稚園を過ぎたところで「鶴川台尾根緑地」という看板発見。ここから尾根にそって遊歩道が整備されています。

トレイルというか、遊歩道。階段もきっちりしている。行き止まりの看板がありましたが、ふつうに通行できました。

左手は町田市の鶴川台という住宅街。

 

桐光学園裏。

つまんない遊歩道と思いきや、木々が生い茂る場所もあり、トレイルランの雰囲気は味わえる。

真光寺公園の手前からいったん黒川駅方面へ曲がる。川崎市黒川青少年野外活動センターの横を通って一般道へ。

そこまで2kmもない短めのトレイルですが、きれいに整備されている道なので走ってて快適でした。

近所に住んでたら普段のランニング練習のコースに取り入れたいですけどね。

 

一般道を通ってJA農産物直売所「セレサ川崎農業協同組合 セレサモス 麻生店」を通過。キティちゃんがこんなところにも。

 

セレサ川崎農業協同組合セレサモスの先、はるひ野団地の横にも短いですけどトレイルがありました。

しばらくうっそうとした木々の中を走ると、多摩よこやまの道への分岐が現れました。

多摩よこやまの道をいったん東へ。多摩よこやまの道の東側の起点である丘の上広場公園まで走る。

ここまでは前菜みたいなもの。

多摩よこやまの道

京王相模原線の若葉台駅の北に位置する丘の上広場公園にやってきました。ここから西へ10kmぐらい、尾根に沿って、多摩よこやまの道という遊歩道が整備されてます。

多摩よこやまの道の看板。多摩市のwebサイトからも多摩よこやまの道のパンフレットをダウンロードできます。

丘の上広場公園から西へ出発。しばらくは幅の広い未舗装路が続きます。

整備された遊歩道なので、ところどころに案内看板があるのがよい。

川崎市最高峰の「諏訪ヶ岳」標高144m

途中で三角点がありました。川崎市の最高標高地点の諏訪ヶ岳山頂とのこと。山頂の雰囲気はまったくなし。

ニュータウンのすぐそばなのに、けっこう山道の雰囲気ある場所も。小鳥が大きな声で鳴いていた。

よこやまの道の北側(多摩市・八王子市)はニュータウンとして大々的に開発されているのですが、南側(川崎市・町田市側)はほとんど開発されておらず、自然が残ってたり、畑があったり。

多摩丘陵パノラマの丘(展望広場)

多摩丘陵パノラマの丘という場所。京王・小田急永山駅方面、昭和に建てられた団地がずらーっと並んでいる。

国士舘大学裏

国士舘大学多摩キャンパスの裏あたりです。この辺りからトレイルは途切れ途切れに。舗装路や一般道路も進んだりします。

鎌倉街道を渡る。

お墓の横を通ったり、

恵泉女学園大大学のあたりは、一般道を通る。

一本杉公園

多摩よこやまの道は一本杉公園の中へ。

池があったり、

アップダウンもあったりする公園内の遊歩道。

石畳を模した道もありました。

鎌倉道という古道の跡も公園内にあるのですが、どこを指しているのかよくわからず。

一本杉公園を出て、また一般道を走る。

東京国際ゴルフ倶楽部の北側の一般道を通過。

多摩市総合福祉センター

多摩市総合福祉センターの裏手につきました。多摩市総合福祉センターはお城のような建物でなかなか驚きでした。

多摩市総合福祉センターあたりから、多摩よこやまの道は、また未舗装路になっています。

 

きれいな公園だけど、草ぼうぼうで、訪れる人も少ないのだろうなーという雰囲気の場所。

東京ガスの施設の横を通過。

小田急唐木田車庫

よこやまの道展望ポイント」という場所。小田急線の唐木田車庫の様子がそこそこ見渡せる。

多摩よこやまの道は大妻女子大の南側を通り、さらにKDDIテレハウスという施設の横を通っていきます。

上の写真の右手にあるのは三菱UFJ銀行の施設。

東急自動車学校という、巨大な自動車学校の横を通ります。

 

鶴見川源泉の泉へ

上の写真のタマホームの先あたりが、多摩よこやまの道の終点

多摩よこやまの道は序盤こそ走りやすい未舗装路が続きよかったものの、途中からは舗装路も多くちょっと不満でした。

上の写真のところを左に曲がると鶴見川源泉の泉へいけるとの看板がありましたので、そっちに行ってみることに。

この鶴見川源泉の泉へ向かうトレイルが楽しい。短いけど。

たぶんこの辺りが鶴見川の本当の源のはず。

笹のトンネルを抜けたりして。

鶴見川源流の泉という場所にたどり着きました。水が勢いよく流れ出てきていた。

鶴見川の本当の源泉は先ほど通ってきた辺り(上のほうの写真の場所)のはず。

長池公園

鶴見川源流の泉から一般道を登って、多摩ニュータウン内の長池公園へ。

長池公園は長池、築池(つくいけ)、姿池の3つの池がある公園。

長池公園は自然豊かで、「かんさつの道」という里山の雰囲気を残したトレイルが300mほどある。

長池公園には、長池公園自然館という里山についての展示や工作・工芸ができる施設や、炭焼き小屋、田んぼなどもある。

長池見附橋。四ツ谷駅のにかかっていた旧四谷見附橋を移築したものだそうです。

せせらぎ緑道

長池公園から京王堀之内駅方面に続くせせらぎ緑道を行く。団地に囲まれた歩道ですなのですが、こんなに緑豊かだし、

鴨も泳いでいた。

 

別所公園

芝生豊かな別所公園を通過。

からきだの道

別所公園の南端から東へちょっと進むと「からきだの道入口」の看板がありました。

からきだの道は府中カントリークラブというゴルフ場の南の縁にそって整備された2km弱程度の遊歩道。

からきだの道最高地点、標高160m。

右手はこんな感じ。こんな住宅街の側なのに、

けっこう緑が深い。ニュータウンとゴルフ場にはさまれた場所なのに、こんな感じ。

湧水もわいてましたが、よどんでました。

からきだの道案内図。

からきだの道終点。期待していなかったけど、アップダウン多く楽しい道でした。

 

多摩センター駅前でランニング終了

からきだの道から東へ進んで、多摩センター駅前で今回のランニング終了。サンリオピューロランド隣の極楽湯で汗を流してビールを飲んで帰りました。

 

キティちゃんに埋め尽くされた「京王多摩センター駅」

今回多摩ニュータウンに来たかった裏の目的が京王多摩センター駅をみたかったから。

2年前に改装され、駅中がサンリオキャラクターに埋め尽くされている。

 

[世界で一番美しい地下鉄駅]高雄MRTの美麗島駅っぽい、ステンドグラス風の天井にサンリオキャラクターが。

駅の看板など、いたるところにもキティが。