Loading...
埼玉食べ歩き

デリカテッセン アーチャンの自家製ハム

ときがわのとうふ工房わたなべから、ひと山を走って越えて小川町へ。小川町に来たのは2回めですが、古い建物がところどころ残るいい雰囲気の町ですねー。

20140709-171659-62219860.jpg
「デリカテッセン アーチャン」は、古い木造建築の並びにある、店構えは町の普通のお肉屋さん。

20140709-171700-62220231.jpg
ハムカツ、コロッケなど揚げたてで売ってるのですが、ちょうど訪問した時間は油の交換中かなにかで、時間がかかるとのことだったので残念ながらパス。

このお店にわざわざ来た本当の理由は、自家製のハム、ソーセージ、コンビーフなどがあるということ。小さなお店で手作り、なんかそそられたのです。

で、カスラー(豚リブロースのスモークハム)、ロースハム、コンビーフの3種を買ってきました。注文してから塊から切り分けてくれるので、厚切り、薄切りなども指定可能のようです。正確な値段は忘れましたがだいたい100gあたり400円ぐらいです。

20140710-102830-37710041.jpg

20140710-102836-37716516.jpg
まずはコンビーフ一切れをご飯に乗せて食べてみました。ご飯にのせておくと柔らかくなり、ツヤツヤしてきます。これをご飯と一緒に口に入れたところ、とってもおいしくって笑っちゃった。口の中にコンビーフの風味が広がり、脂もさらーっととろける。

20140710-102842-37722108.jpg
カスラーはフライパンで焼きました。市販のロースハムなどと違って成形せず、豚肉の形そのままハムにしているわけですね。カスラーから出た脂がもったいないので、それを染みこませるためにナスも一緒に焼いてみたのですが、これが最高にうまし。

20140711-184229-67349173.jpg

20140711-184233-67353555.jpg
ロースハムと余ったコンビーフはサンドイッチにしてみました。