Loading...
イベント

横須賀「開国花火大会」意外に混雑度低めで大満足

去年にひきつづき、花火大会のある日に横須賀まで行って来たのですが、今年はせっかくなので花火も見てから帰ることに。

 

横須賀「開国花火大会」2017開催概要

横須賀の花火大会=「開国花火大会」は毎年8月の第一土曜日に開催されている「よこすか開国祭」のメインイベントで20万人程度の人出が毎年あるそうです。今年の「開国花火大会」は8/5に行われました。

ペリーが浦賀にやってきてから150周年を記念して、2003年にスタートしたそうなので、たぶん今年で15回目の開催。全国にたくさんある有名な花火大会に比べると比較的歴史は浅めのようです。

打ち上げ場所は、海浜公園である「うみかぜ公園」の沖合い。猿島の手前の海上。

花火打ちあげの時間は19:15~19:45の30分間。他の人気花火大会に比べるとちょっと短め。

 

「開国花火大会」どこから見るのがいいか

開国花火大会を見に行くと決めたものの、じゃあどこで見るのがいいか?

調べてみると、いろいろ観覧ポイントがあるんですね。

うみかぜ公園

海に面した芝生の広大な広場のある公園「うみかぜ公園」はこの花火大会のメイン会場。まん前の海上で打ち上げされるので、いちばん迫力ある花火が見れるはず。

市民協賛観覧席という有料(1席2000円)の観覧席が用意されていて、そこだとゆったり見れる(?)。

アクセスは、京急の県立大学駅から1km少々、徒歩15分程度。京急の横須賀中央駅からも歩けて1.5km程度、徒歩だと20分くらいです。

すぐ裏に商業施設があるので、場所取り時の時間つぶしとか食料品の買出し、トイレも困らなそう。

三笠公園

三笠公園は、うみかぜ公園から1kmほど北にある公園。記念艦三笠がある場所ですね。

ここも芝生の広場があり、そこに座って観覧。

花火までの距離は、うみかぜ公園より遠いはず。

アクセスは、京急の横須賀中央駅から1km少々、徒歩15分程度。

近くに出店もいっぱい出てます。でもトイレは少ないように思われました。

米軍横須賀基地

花火大会は米軍基地の開放イベント「フレンドシップデー」と同日開催。基地の中から花火を見れます。

米軍基地の中なので入場の際に荷物検査、パスポートなどの身分証明書の提示が必要です。

三笠公園のさらに北に位置するので、駅から歩きますし、花火までの距離も遠くなります。

花火が上がる時間まで、日本とは違う雰囲気を感じ、基地内のイベントを楽しんだりできるのがメリット。

でも、人が多いからトイレはけっこう行列してそうだし、帰るときも混みそう。

猿島

うみかじ公園の沖合いにある無人島「猿島」。毎年花火大会の日は「猿島から花火を見るツアー」があり、猿島から花火を見ることができるそうです。

その他

うみかじ公園より南の海岸線沿いにある海辺つり公園新安浦港などは花火の穴場観覧スポットになっているらしいですが、角度的に水中花火など低い地点で開く花火は見辛いみたいです。

 

うみかじ公園まで歩いて行ってみました

私はとりあえず一番近くで花火を見たい!という思いから京急の県立公園駅から徒歩でうみかじ公園まで行ってみました。

花火大会=大混雑するイメージだったので、会場までたどり着けないことも覚悟の上だったのですが、とくに人ごみの集団に巻き込まれることもなく、ちょうど19時15分にうみかじ公園へ到着。

うみかじ公園内は人がたくさんいっぱいいて座る場所は無かったですが、立ち見ならぜんぜん余裕。

 

花火打ち上げスタート

まだ空は明るさが残る中、花火が打ちあがり始まる。いきなり大玉からスタート。

連発花火、キャラ花火などなど。ほぼ間隔をあけずに5000発の花火が上がっていく。

圧巻は最後。水中花火とスターマインという速射連発花火など一気に打ちあがって終了。

あっという間の30分でした。

 

横須賀「開国花火大会」の感想

打ち上げ場所すぐ近くのうみかじ公園で迫力のある花火を堪能できて良かったです。

花火の打ち上げ時間は30分と短めでしたが、集中して見るにはちょうどこのぐらいの時間がちょうどいい。

海上打ち上げならではの水中花火など、花火のみどころも多い。

帰りも電車が混むのではないかと心配だったのですが、余裕で帰れました。

意外に花火大会の穴場かも。