Loading...
東京食べ歩き

福岡のうどんだけど博多うどんとは違う”もちもちつるつる”麺@大地のうどん東京馬場店

福岡で何度も通った大地のうどんが東京に進出!やっと訪問できました。

福岡の「大地のうどん」という、うどん屋さん

大地のうどんは、福岡県福岡市にお店があるうどん屋さんです。

私は3年ほど前に博多駅の近くにある「大地のうどん博多駅ちかてん」で食べて感動!4日間の福岡滞在中に3回訪問、その後も食べに来たことがあります。

福岡のうどんだけど“博多うどん”ではなく“豊前うどん”

「大地のうどん」は豊前裏打会というグループに属していて、“豊前うどん”というカテゴリーに分類される。

豊前は福岡県の東部、北九州市の南の方にある市ですね。

福岡のうどん屋さんだけど、“博多うどん”とは麺がぜんぜん違います。

“博多うどん”はあまり小麦粉を熟成させないヤワヤワのうどん。

「大地のうどん」の麺は、グルテンが熟成しまくり、麺がもっちもち、つるつる。

コシがあるうどんといえば、讃岐うどんが有名ですが、讃岐ともまったく違う。

麺は細め、イカ刺しのように半透明でつやつや、箸でつまんだ感触はやわらかいけれど、口の中で噛もうとすると弾力で歯が跳ね返されるような印象。

捏ねるときの水多め、低温や高温でじっくり熟成させることがポイントらしい。

 

 

「大地のうどん」東京馬場店へ

大地のうどん東京馬場店は1年ぐらい前にオープン。

高田馬場駅から早稲田通りを西へ徒歩5分ほど。早稲田通りかたちょっと入ったところにありました。

お昼11:00~15:30、夜は 18:00~22:30の営業で、水曜お休みとのこと。

今回は土曜の15時ごろ訪問しました。行列もなくスムーズに入店。でも、ほぼ席は埋まってました。

自販機で食券を買ってからカウンターへ。

カウンターからは、うどんを機械で延ばしているところや、天ぷらを揚げているところを見れます。

このお店は、天ぷらがすごいんです。

以前博多ちかてんで食べた「ごぼう天」が、大きな花のようだったのにビックリしたのですが、

ごぼうをスライスしたものを一枚一枚油に投入した後、花びらのように整形しながらくっつけて揚げているみたいです。

 

今回食べたのは野菜天ぶっかけ730円

今回たべたのは野菜天ぶっかけ。天ぷらの量がすごい!

直径25cmぐらいの、お皿にうどん、その周りに野菜天ぷらが盛りだくさん。

カラっと揚げたてで、700円ちょっとですから、お値打ち。

麺はこんな感じ。半透明でつやつや。

でもね、私が福岡で食べたときに比べてぜんぜん食感が違ってました。弾力がたりない。ハッキリと違う。

おいしいのですが、個人的には期待が外れてしまった。

たまたまかもしれないので、そのうち再訪問して見よううかしら。

 

関連ランキング:うどん | 高田馬場駅下落合駅西早稲田駅