Loading...
イベントクラフトビール

サンクトガーレンの限定ビールGolden Haze IPAを飲みました@デザインフェスタvol45

5月の末の事。ビッグサイトで開催されたデザインフェスタvol45に行ってきたのですが、そこの飲食ブースで厚木の地ビールメーカーサンクトガーレンさんが出店してたので、限定ビールGolden Haze IPAを飲みました。

デザインフェスタとは

デザインフェスタとは年に2回開催されている、クリエーター、アーティストの見本市みたいなアートイベント。

絵、写真、雑貨、衣類、フィギュアなど物だけじゃなく、音楽、パフォーマンスなども展示対象。私もいちおう出展者側の末席みたいな感じで参加。

 

サンクトガーレンの限定ビール

会場内を見回ってたら厚木のクラフトビールメーカーのサンクトガーレンが飲食フロアに出店しているのを発見。しかも「Golden Haze IPA(ゴールデンヘイズアイピーエー) 」というビールを会場限定で提供中とのことで、気になって仕方が無い。

自分の役割が終わった後即サンクトガーレンの出店へ駆けつけて、Golden Haze IPA(ゴールデンヘイズアイピーエー)を注文。

Golden Haze IPA(ゴールデンヘイズアイピーエー)、M500円、L600円。

「デザインフェスタ限定」って書いてあったけど、けやき広場のビール祭りなどでも販売されていたみたいです。

IPAとはホップを大量に使用し、苦く、アルコールが高いビールのことですが、Golden Haze IPA(ゴールデンヘイズアイピーエー)とは、さらに多量のホップを投入使ったビールとのこと。サンクトガーレンのスタンダードなビールに比べると10倍くらいのホップを使うそうです。

飲んだ感想としては、多量のホップを使用しているというのに、苦味が控えめ。さわやかな苦味とクリアな旨みでごくごくおいしく飲めました。

苦味が控えめなのは、ホップの使い方に理由があり、普通とは違い麦汁が煮沸したあとにほとんどのホップを加えているためのようです。

おいしいビールでした。

 

デザインフェスタを見てまわる

ビールを飲んだ後はデザインフェスタ会場を見てまわる。芸術って縁が無いのだけど、いろいろと面白い展示がありました。

体を縄で縛る「緊縛」を体験できる、というブースがあって、ちょっとやってみてほしくなっちゃいましたが結局はしませんでした。

絵を書いてる人もいれば、フィギュアとか雑貨を売ってる人もいるし、アートじゃなくって、工芸品も売ってたり。

自分でもなんか作れるんじゃないか?って。出店側で物を売ってみるのも面白そうとおもったのでした。