Loading...
埼玉食べ歩き

吉川市にある近藤勇・勝海舟も訪れた創業400年の老舗料亭でナマズを食す

吉川なまずの里マラソンを走ってきました。埼玉県吉川市はナマズが名物、ということでナマズを食べることに。

吉川市でナマズを食べるには

吉川市は中川と江戸川に囲まれ江戸時代から船運で栄えたところだそうです。

川に囲まれている、ということは、川魚料理文化も盛んで「吉川に来て、なまず、うなぎ食わずなかれ」と言われていたとか。

吉川市はナマズが名物といっても、どこでも食べられるほどカジュアルな存在な訳ではなく、なまず料理を出しているお店は限られているようです。

吉川市のHP内になまず料理が食べられるお店という頁があります。

それによると、なまず料理が食べられるのは、吉川駅の北1km、中川の東側のあたりに集中して存在しています。

吉川市にある、なまず・うなぎ料理が名物の料亭「糀家(こうじや)」さんへ

間違えて裏口から入店


けっこう当てずっぽうに歩いていって見つけたのがこの料亭「糀家(こうじや)」さんの看板。良さげな雰囲気のお店だったので、入店してみました。

が、入ってみて気づいたのですが、こちらは裏口でした。

よくよく見ると、上の写真の看板に、入り口はここじゃない旨、書いてありますね。

 

畳敷きのテーブル席へ

薄暗い裏口から入店してしまったわけですが、仲居さんに無事遭遇。

予約してないけど大丈夫か確認したところ大丈夫で、無事席に案内される。

法事か何かの団体のお客さんがいたりして、けっこうお客さんは多いようなので、予約していったほうが無難なお店だと思います。

案内されたのは、畳敷きにテーブルが置かれた部屋。著名画家の絵など高そうな美術品も飾られていました。

私、料亭なんてはじめて来たはず。しかも400年も歴史があり、歴史上の偉人も訪れたとされる格式あるお店です。ちょっと場違いかなーって気もしないでもなかったのですが、居心地は良かったです。

 

 

 

糀家さんのメニュー

糀家さんのメニューは、3,500円から10,800円までの会席料理、ウナギ・刺し身・幕の内などの御膳、それから名物のなまずのコース料理が有りました。

ビールと付き出し(なまず肉団子)

私が頼んだのは、まずはビール大瓶。ビールは大瓶のみでキリンかアサヒか選べて1本650円、なまずのつみれ(肉団子風)付でした。

「なまず天麩羅御膳」2200円を注文

今回食べたのは「なまず天麩羅御膳」2200円。税込みサービス料10%は別。

なまずたたき揚げ

なまずたたき揚げ

たたき揚げとは、なまずの色んな部分–天麩羅・刺身用に肉を取ったあとに残る肉とか、骨とか、肝など–をすべて叩いて、味付けしてつみれにしたものを揚げたもの。イワシのつみれ揚げみたい。おいしいのだけど、油断して食べてると硬い骨を噛んでしまったりして歯に衝撃が走ることもある、ちょっと怖い食べ物。

 

なまずの天麩羅

メイン料理なまずの天麩羅

なまずは全くクセの無い味。繊維が細かく柔らかい。真鯛なんかに負けないくらい上品です。

 

なまずのつみれ汁

なまずのつみれ汁。これもイワシのつみれ汁に似たような感じ。

 

デザートはわらび餅

今回のデザートはわらび餅でした。

なまずは筋肉の分解を抑制したり、筋肉の合成を促進する話題の成分HMBを含む食材です。

タンパク質も豊富だろうし、栄養成分はバッチリなハズ。そんなナマズをおいしく食べられて満足。

しかも老舗料亭の雰囲気も味わえる、というのは貴重な経験でした。

もっと奮発しても良かったかな、と思えたくらいです。

 

糀家さんの中庭

中庭はそんなに広くはないけど、きちんと手入れされている。「勝海舟も愛用した草履脱ぎ石」がそのままに在る、とのことなのですが、本当かなー。

 

 

帰りは裏口ではなく、きちんと正面玄関から出ました(笑)。

 

関連ランキング:懐石・会席料理 | 吉川駅