Loading...
埼玉食べ歩き川越食べ歩き

漆喰の壷で焼くさつまいも・川越の「つぼやき平本屋」

昭和24年創業、昔ながらの焼き芋屋


下松江町というバス停側にある焼き芋屋さんの「つぼやき平本屋」。以前たまたま通りがかったときに気になってお店の中をのぞいてもたものの、売り切れ。悔しかったので再訪問してみました。アド街ック天国でも紹介されたお店らしい。

珍しい、漆喰の中で焼く焼き芋

今回は無事買えました。焼き芋一本200円。ふつうの焼き芋とちょっと違うのは「壷」の中に芋をつるして焼き上げるということ。インド料理のタンドールと似たような仕組みなのでしょうか。お店の中に壷が置いてありました。

お店も、おじさんも昔ながらの焼き芋屋って雰囲気。チラシに包んで渡してくれるのも、昔っぽい感じ。

 

皮を向いて店先で立ち食い。芋は、茨城県かすみがうら市産のベニアズマのようです。

私焼き芋は大好きで、スーパーの焼き芋とかよく買うのですが、最近はねっとり系の焼き芋が多いですよね。こちらはやっぱり昔ながらの焼き芋。ほっこりホクホク系。

芋が名物の街、川越で昔ながらの焼き芋を食す、いい感じ。

 

関連ランキング:その他 | 本川越駅川越市駅