Loading...
その他クラフトビール

ふるさと納税で福井県美浜町の若狭ビールをもらいました。

またふるさと納税でクラフトビールが届きました。

返礼品がビールのふるさと納税をいろいろ検討した結果、福井県三方郡美浜町へ申し込んで若狭ビールを貰いました。

福井県三方郡美浜町について

福井県三方郡美浜町は私にとって縁もゆかりもない土地。ビールがもらえるという理由だけでふるさと納税の寄付を申し込みしたのですが、それだけじゃいかん、と思いビールの栓を開ける前に福井県三方郡美浜町について調べてみました。

福井県三方郡美浜町は福井県の南西部、滋賀県の北側に位置し、日本海に面している町。若狭湾のリアス式海岸があったり、白い砂浜のビーチもあったり、海が自慢らしい。

日本海沿いということは新鮮な魚介類も獲れ、ブリ、カニ、フグなどの魚介類も名物。特に鯖を米ぬかに漬けた「鯖のへしこ」は、美浜町を代表する名産品

ニュースで聞き覚えのある、関西電力美浜発電所という原子力発電所も美浜町に有る。

美浜町のふるさと納税


福井県三方郡美浜町へのふるさと納税はさとふるから手続きするようになっています。5000円からの寄付で返礼品がもらえます。

美浜町、注目の返礼品(2016/12/15現在)

美浜町の返礼品のなかから幾つかピックアップしてみました。名物「へしこ」を始め、海の幸が注目ですね。現地に行けるのであれば宿泊券も良さそうです。他にふるさと納税の返礼品としては定番のお米や日本酒なども有ります。

5,000円以上の寄付でもらえる返礼品の一部

漁師がつくる、おまかせ干物セット
越前甘エビ【卵あり】500g
若狭特産鯖のへしこ3点セット
若狭湾の素潜りサザエ1kg【夏期限定】
若狭湾の剣先イカ750g~800g【夏期限定】

10,000円以上の寄付でもらえる返礼品の一部

旬のお魚セット3~4kg

50,000円以上の寄付でもらえる返礼品の一部

越前がに『フラガニ』5杯
美浜の旬の海鮮料理ペア(2名様)宿泊券

100,000円以上の寄付でもらえる返礼品の一部

寒ブリ8~10kg

5000円の寄付で若狭ビール6本

私は、5000円の寄付で若狭ビール6本貰いました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料込】若狭ビール330ml(6本セット)
価格:2900円(税込、送料無料) (2016/12/13時点)

若狭ビール6本セットは定価2900円。5000円の寄付で2900円の商品がもらえる、ということは還元率58%となかなかオトクです。

若狭ビールとは


若狭ビールは株式会社千鳥苑という会社が製造している地ビール。株式会社千鳥苑は観光ドライブイン「若狭海遊バザール千鳥苑」の運営と、”へしこ”の製造などをしている会社。その海沿いにある「若狭海遊バザール千鳥苑」の中でビール醸造されているようです。

ドライブインのレストランで樽生を提供するのと、お土産として買ってもらう目的のために作っているビールのようで、楽天でいちおう通販もしてますけど、その他の場所ではあまりお目にかかれないビールのように思われます。

製造しているのは、基本的には上面発酵のペールエール、アンバーエール、ヴァイツェンの3種類のみ。

冷蔵便で届いた若狭ビール

img_4324
ビールは専用の発泡スチロール製に入れられて冷蔵便で届きました。非熱処理で酵母が生きている状態なので、熟成が進まないようにクール便なのでしょう。

img_4325
蓋をあけるとこんな感じで6本入ってました。

これが若狭ビール3種類

img_4329
ヴァイツェン、アンバーエール、ペールエール3種類が各2本入り。SINCE1997と書かれている、ということは20年近い歴史があるのですね。

若狭ビール・ヴァイツェン

img_4434
まず最初に栓を開けたのはヴァイツェン。ヴァイツェンは大麦麦芽と小麦麦芽を使用した白ビールのはずですが、若狭ビールのヴァイツェンは琥珀っぽい色。冷蔵庫で冷やしてグラスに注ぎましたが、あまり泡立ちせず。フルーティではあるのですが、白ビールでよくあるバナナのような香りとは違う。酵母が生きてるって感じがして、ちょっと酸味のようなものも感じられました。一般的なヴァイツェンとは違いますがおいしいことは間違いない。

若狭ビール・アンバーエール

img_4449
濃い目の色のアンバーエール。アンバーエールらしく、カラメルのような香ばしさがあります。これも酵母が生きている、ってかんじがするお味。

若狭ビール・ペールエール

img_4454
ペールエールはアンバーエールとヴァイツェンの中間の色合い。ほんのり自然な甘さと香ばしさが有ります。

どれもおいしかったのですが、瓶で飲むのではなく、現地でへしこをツマミに日本海を観ながら(私は日本海側に行ったことが無い…)この樽生ビールを飲んでみたいと思ったのであります。