Loading...
クラフトビールランニングについての雑記

第2回さいたま国際マラソンのパブリックビューイングでこぶし花ビール&所沢ビール

第2回さいたま国際マラソン…

11月13日は第2回さいたま国際マラソンでした。私、このブログでは全く書いてないですが、そこそこのマラソンランナーで(そう自分では思ってる)、だいたい1年に距離は問わず10大会ぐらい参加してるし、フルマラソンのベストタイムは3時間30分。2015年度の「埼玉マラソングランドスラム」認定も受けてます。

もちろん第2回さいたま国際マラソンも参加検討してたのですが、かなり迷った末見送り。

そもそも埼玉のマラソン大会なのに参加費が15,000円

「フザケンナ!」って感じ。高いでしょ。

東京マラソンだってずっと10,000円(税別)のままなのに(抽選だから誰でも参加できるわけじゃないけど)!。たいして見どころもない埼玉を走る大会が15,000円!

そう思ってた人は少なくないはずで、第2回さいたま国際マラソンの一般申込みは5月23日から始まり締め切ったのは6月6日なので半月かかってます(人気大会だったら即日埋まっちゃうはず)。

RUNNNETのゆずれーるというサービスを使えば9月まで申し込むことも可能でした。ふるさと納税枠(5万円の寄付)でも8月まで申し込みできてましたし、2017年も今年と同様の募集内容であれば一般申込で慌てて申し込みしないことを強くオススメします。

さいたま国際マラソンパブリックビューイングへ

本当は来るつもりはなかったのですが、さいたま新都心のけやきひろばの「さいたま国際マラソンパブリックビューイング」へ来ました。

朝10kmランニングして、ゴールドジムでZUMBAしてそのまま家に帰るつもりでしたが、Facebookで『さいたま国際マラソンコラボイベント「埼玉うまいもの市場」で埼玉県内のクラフトビールが出店』と見つけて我慢できなくなっちゃいました。汗をたくさんかいて、のどが渇いてたので、おいしいビールが飲みたい。

まずはこぶし花ビールを飲み比べ

img_4147
「けやきひろば」で開催のさいたま国際マラソンコラボイベント「埼玉うまいもの市場」ではひととおりの埼玉B級グルメの屋台が、さらに埼玉県内のクラフトビアブリュワーも出店(麦雑穀工房 マイクロブルワリーさんは出店してなかったのですけど、出店してたら埼玉県内のブリュワー勢揃いだったはず)。

img_4150
所沢ビール、氷川ブリュワリー、こぶし花ビール、KOEDOビールが屋台で買えたのですが、まずはこぶし花ビールの4種飲み比べセット(1000円)を。こぶし花ビールの樽生は(羽生のブリュワリーまでの交通の便が悪いし、取扱店も少ない為)なかなか飲めないですから。「メルツェン」「ピルスナー」「ベルギー・ホワイト」と「黒」。この4種の中では「ベルギー・ホワイト」と「黒」が好き。「ベルギー・ホワイト」のフルーティな甘い香り。黒ビールのコーヒーのような香ばしさ。

川内優輝さんのマラソン解説がすごかった!

img_4160
ビールを飲みながらパブリックビューイング。TV映像に合わせて、埼玉県庁職員ランナー川内優輝さんが解説してました。

話の受け手であるMCの方もさすがプロって感じでしたが、川内優輝さんの解説がすごかった!

マラソン解説ははじめてとのことでしたが、有力参加選手(たぶん数十人分)の情報を細かいことまで頭に入ってて、それが淀みなく口からでてくる。増田明美さんぐらい事前準備してたのでは。

コースや、ランナーの心理、駆け引きについてわかりやすい解説。スポンサーへの気遣いもあったり、埼玉県の職員ですから埼玉についてのPRも挟む。

私、走ることっていいなって再認識し、やっぱりこのマラソン大会参加したかったなーという後悔もあって、ビール飲みながら悔し泣きしました。

今回、快晴で気分良く走れるコンディションだったので(序盤は寒く、あとで暑いくらいだったはずですが)、この天候になることが事前に分かるのでであれば15,000円払って走っても良かったかな(そんなこと無理ですが)。

コバトン焼き

img_4162

小腹がすいたので埼玉県のキャラクターコバトンの型のコバトン焼き。パンケーキ生地を使ってるとのことだたけどお味は今川焼きと変わらず。

所沢ビール・3355

img_4166

せっかくなので所沢ビールも飲みました。3355(さんさんごご)という名のセッションペールエール。ホップの苦味がきいてる、爽やかであっさり目なビール。いくらでも飲めそうなビールでした。

さいたま国際マラソンゴール地点

img_4168

スーパーアリーナ横のマラソンゴール地点の上から、ゴールしてくる一般ランナーの様子を見る。やっぱり、マラソンは参加したほうが楽しいはず。来年はさいたま国際マラソン参加しようか。