Loading...
群馬食べ歩き

味処ふる川で桐生名物「ひもかわ」を食す。

大豆生田商店のポテト入り焼きそばかくだやの佐野ラーメンに続き、両毛線沿い麺食べ歩きの3軒目は、桐生名物「ひもかわ」。ひもかわとは、とても幅が広いうどん。以前に鴻巣の川幅うどんを食べ歩いたことがあるのですが、それとの違いがあるのかないのか、ずーっと気になっていたのです。

ひもかわの有名店ふる川は、相生町が本店のようですが、駅から遠い、しかも尋常じゃないほど混雑するらしい。私も一度行ってみたことはあるのだけど、食べられなかったということがあるのです。で、調べてみたところ、桐生駅そばにも支店があることが判明。で、そちらの方に行ってみました。

パークイン桐生というビジネスホテルの1階にある味処ふる川。17時オープンの時間に合わせて入店。ぜんぜん混雑なし。


ここは基本は居酒屋。居酒屋のツマミ類の他に麺類も置いてあるのです。


ドリンクメニュー。喉が渇いたのでビールを頼みました。アルコールを頼む場合はお通し代200円がかかります。


注文したのはもりひもかわ680円。注文してから10分ほどでやって来ました。


丁寧に折りたたまれています。とっても潤いがあってつややか。なんだかうどんじゃないみたい。「ういろう」とか「くずきり」のような質感があるような気もします。


幅は10cmオーバー。鴻巣の川幅うどんに比べてもぜんぜん幅広い。口に入れてみると、幅広いので普通の麺類のように啜り込めませんが、モチっとした感じもあり、ツルッとした感じもあり、これはうまい。私は大好きだ!

関連ランキング:そば(蕎麦) | 桐生駅西桐生駅