Loading...
登山パワースポット

太平山登頂&太平山神社参拝

栃木県栃木市へやって来たのは、太平山神社に参拝、および太平山に登ってみたかったため。なんだか個人的に親近感を感じる名前の神社&山なのです。

栃木市の太平山(おおひらやま)

太平山(おおひらやま)は標高343mの小さい山ですが、2000千年ほどの長きにわたって信仰されてきた霊山。その山頂付近に太平山神社(おおひらやまじんじゃ)はあります。慈覚大師(円仁)により西暦827年に創建されたようです。名前は「天下太平」から付けられたもので間違いなさそうです。


大豆生田商店でポテト入り焼きそばを食べたあと、近くのマクドナルドの交差点を西へ。しばらくすると道路に鳥居が有りました。

太平山登山開始

この先を進んでいくと、道はだんだんと登り坂になっていき、國學院大學栃木中学・高等学校を過ぎたところで太平山神社の約1000段もある石段、通称あじさい坂の下に突き当たります。


私は、レンタサイクルで行ったので石段は登らず、右手のほうから車道を登っていきました。


距離にして1.5kmほど、標高差150mほど登ってきて太平山神社の大きな看板を発見。


太平山神社のすぐ側まで登ってきたところ。栃木市の街が遠くに見えます。栃木駅までは直線距離で5kmほど。

太平山神社到着


太平山神社東側の鳥居をくぐって境内へ。

太平山神社境内


太平山神社の本殿。御祭神は瓊瓊杵命(ににぎのみこと)、天照皇大御神(あまてらすおおみかみ)、豊受姫大神(とようけひめのおおかみ)。

本殿の前にある「撫でて霊験を受ける」御神石。撫でることにより災厄を祓いになるようですので、ありがたく撫でさせて頂いてからお参りしました。

太平山神社の御朱印


実は去年から神社参拝の際には御朱印をいただくようにしています。もちろんここでも書いていただく。


この神社にはたくさんの神々が祭られています。


交通安全神社福神社


太平山稲荷神社


縁結びの三輪神社


足腰の健康にご利益がある足尾神社

太平山神社奥宮


ひととおりお参りした後は、奥宮に向かってみます。ちなみに看板に「奥宮(太平山頂)」と書いてありますが、奥宮は山頂にあるわけじゃない。


このような山道を通って看板通りに5分ほど歩くと、


奥宮入り口がありました。


これが太平山神社奥宮。天下太平だけじゃなく、なぜか製鉄業の発展を守っている神様とのこと。

太平山山頂


太平山神社奥宮は山頂にあるわけじゃなく、その裏にある山道はさらに上りが続く。というわけで進んでみたところ、、

山頂に到着。富士浅間神社の太平山城。「この地域の主峰には必ずと言ってよいほど、富士浅間神社が祭られています」と看板に記載がありました。霊峰の山頂に富士浅間神社が祀られているのはよくあることなのでしょう。


富士浅間神社社殿の裏がちょっと高くなっており、ここが太平山山頂341mの看板あり。展望は全くよくない。

太平山神社の随神門(ずいしんもん)


太平山を降りて今度は下ります。太平山神社の参道の石段を300段ほど下ったところにあるのが、、徳川八代将軍吉宗公によって建築されたという随神門。


随神門を見た後はまた上に戻る。緑豊かな参道をゼイゼイいいながら登る。


ようやく本殿まで戻る。一番下からだと1000段ほどの石段、トレーニングにいいかも。

謙信平(けんしんだいら)の絶景


太平山神社から数百メートル南側、謙信平という絶景ポイントが有りました。西側のぶどう畑で有名な大平町の方面が見渡せます。「陸の松島」と言われるとか。


この辺り茶店が何件も並んでいるのです。食べ物を買って屋外座敷に座ってのんびり食事するのはとても良さそう。ちなみにどのお店も名物が決まっていて、玉子焼き、ヤキトリ、団子の3点セットが定番です。