Loading...
クラフトビール

小江戸蔵里内の 鏡山酒造売店でCOEDOビールを立ち飲み

川越の小江戸蔵里(こえどくらり)

IMG_5780.JPG

先週に引き続き、川越までランニング。到着したのが『小江戸蔵里(こえどくらり)』という施設。

鏡山酒造の蔵だった建物を改修してできた商業施設で、そのうちお土産物屋さんが入る建物の中に「小江戸鏡山酒造」さんの売店があります。

ここでは「小江戸鏡山酒造」さんのお酒だけじゃなく、COEDOビールも“立ち飲みで”飲むことができるのです。つまみは無いですけどね。

COEDOビール2種類のお試しセット

IMG_5777.JPG
まずはCOEDOビールを。樽生はCOEDOの定番「瑠璃」と、去年からCOEDOのラインナップに加わった「毬花(まりはな)」の2種類が用意されていました。

各1杯360mlで五百数十円でしたが、2種類のお試しセットだと720円でしたので、お値打ちかと思いそれにしました。写真の右が「瑠璃」、左が「毬花」。各180mlくらい。

「瑠璃」は何度も飲んだことのあるCOEDOの定番であるピルスナービールで、オーソドックスながらプレモルをさらにリッチにしたようなお味。

今回はじめて飲んだ「毬花(まりはな)」は、IPAに近いけれどもアルコール度数が低めの「セッションIPA」といわれるビール。香りはグレープフルーツのような柑橘系だけど、飲むと苦味の強さに驚き。すっきり飲みやすいのですがかなり個性的だとおもいます。ちなみにいまのところ「毬花」は樽専用なので置いてあるお店で飲むしかありません。

小江戸鏡山酒造の「大吟醸」も立ち飲み

IMG_5778.JPG
ビールを飲み干したあとは、せっかくなので日本酒も。「小江戸鏡山酒造」さんの日本酒を2~300円程度で飲むことができるのです。今回飲んだのは「大吟醸」300円。フルーティーという言葉だけじゃ物足りないぐらい奥深い香り。甘さは少なくスッキリした飲みやすさ。またいろいろ飲みに来たいなー。

関連ランキング:バー・お酒(その他) | 本川越駅川越市駅