Loading...
パワースポット2014日光世界遺産めぐり

日光世界遺産巡り③二荒山神社

輪王寺(三仏堂)日光東照宮に続いて二荒山神社に参拝。これら3つを併せて二社一寺の世界遺産ということになります。


東照宮の五重塔の脇の道が二荒山神社に通じておりました。


東照宮から数百メートルで二荒山神社へ。


二荒山神社の鳥居をくぐる。


二荒山神社は日光三山(男体山・女峯山・太郎山)を神体山として祀る神社。奥宮が男体山山頂にあり、さらにその中間、中禅寺湖畔に中宮祠があるという。今回は本社のみの参拝。


社務所の脇にさざれ石。「君が代」でも歌われているさざれ石。パワーをいただけそうです。


二荒山神社自体の参拝は無料でできます。が、神殿の横から200円払って入れる神苑というエリアがあるのですが、ここが良かった!。まず、本殿を近くに拝むことができます。


樹齢700年のご神木


神苑には、世界遺産に登録されている複数建物があるのです。これは神輿をおさめた神輿舎


神輿舎の脇には「運試し輪投げ」というものが。普通の輪投げですw。輪が入れば運気アップのしるしということですが、私は逆に外れるのが怖くってやりませんでした。


大国殿の手前にある円石(まる)。「心に角をたてず、丸く生きれば幸せになれる…」かくありたいものです。奥に鎮座するのはお菓子の神様(大国田道間守公)


大己貴命(おおなむちのみこと)を祀る大国殿。参拝者が小槌を振ってお参りします。


朋友神社(みともじんじゃ)。良縁にいいらしい。


健康にイイという二荒霊泉(ふたられいせん)。隣の茶屋でこの水で入れたコーヒーなどが飲める。


日光山遥拝所。神体山である日光三山(男体山・女峯山・太郎山)などをここから拝むことができるのです!なんてお得な。というわけで二荒山神社に来たら神苑もお参りするべし。