Loading...
パワースポット2014日光世界遺産めぐり

日光世界遺産巡り②日光東照宮

東照宮表参道


輪王寺の三仏堂見学のあとは徳川家康が御祭神の東照宮へ。三仏堂の直ぐ側が東照宮表参道でした。

石鳥居

五重塔


石鳥居の横からみた五重塔


「五重塔特別公開中」とのことだったので、せっかくなので300円払って見に行ってみました。クリアファイルのおまけ付き。「五重塔特別公開」といっても中に入れるわけじゃなく、裏側の扉から五重塔の中心を貫く「心柱」をみることが出来るだけ。撮影禁止だったので写真は無し。でも「心柱」は金ピカできれいで300円だしておる価値はあったかなーと思う。

東照宮境内へ


入場料大人一人1300円を払って。仁王像が安置されている表門より境内へ。


東照宮に来たのは初めてではなく、中学の修学旅行以来数十年ぶり…。あまりにも昔の話なので覚えてはいない。こんな金ピカな建物が並んでるんだーということに驚く。


入って左手に神厩舎・三猿。人間の一生が猿の彫刻で風刺されております。


有名な「見ざる・言わざる・聞かざる」。なんとなく「見て見ぬふりをする」のようなネガティブな意味のものなのか?と思っておりましたが実は違ってて、幼い子どもには悪いことを見せず、言わず、聞かせず、良いものだけを与えることが重要という意味だそうです。初めて知った(!)


三神庫のパノラマ風景。


手水舎も金ぴかで立派。


日本を代表する最も美しい門という陽明門は残念ながら修復中。


でも陽明門の壁画が公開中。これは215年ぶりに出現した貴重なもの。


陽明門をくぐると、唐門&拝殿が登場。驚くほど金ピカ。


拝殿の左手にある神輿舎。神輿がおさめられています。

奥宮へ


拝殿の右手には眠り猫


眠り猫の先には坂下門


坂下門より苔生す石道を進み、


石段を登ると、


奥宮到着。


奥宮の拝殿の奥、家康公の神柩をおさめている御宝塔。このあたり標高の高いところまで来たせいか、森の深いところまで来たせいか、とても粛々とした空間。


樹齢約600年の叶杉。祈ると願いが叶うとのことで叶杉

奥宮参拝のあとは、下って東照宮本殿へお詣り、その後陽明門手前左手にある本地堂の鳴龍を拝ませていただきました。

東照宮は建物の数が多くどれも豪華で見どころいっぱい。入場料払ってでもみるだけの価値はありました。パワーも十分いただけたような気がいたします。