Loading...
2014榛名・伊香保旅行

伊香保おもちゃと人形自動車博物館

伊香保おもちゃと人形自動車博物館へ立ち寄ってみたのです。期待していなかったのですが、かなり楽しめました!

個人経営の私設博物館で日本一の集客数

伊香保おもちゃと人形自動車博物館は、車、人形、おもちゃ、お酒とか、色んなモノが展示されています。単一のテーマのモノしか扱っていない博物館に比べると統一感はなく雑多な印象ですが、いろいろ楽しめる分、お得。


入館料は大人一人1080円ですが、伊香保温泉などで置いてあるパンフレットの割引券などで100円引きになるので、実質的には1000円以内ですみます。

入園券と、「マーちゃんを探せ」というスタンプカードと、「キューピーちゃん」をもらう。

テディベア博物館


まずはテディベアの展示ゾーン。よく知りませんが、デカイもの小さいもの、レアそうなもの、色々展示されてます。


リンダヘンリーという作者によるテディベア。とても愛くるしい。


いっしょに写真を撮れるベアもいます。


テデイベアにこれまで興味はありませんでしたが、生きているような表情の魅力に引き込まれました。

おもちゃと人形博物館


昭和の時代のものを展示しているゾーン。展示物は雑多。


ピンクレディ!懐かしい。私はかろうじてピンクレディの解散前を知っている世代。


志村けんじゃなく、荒井注のドリフターズ。このプロマイドは売店で売ってます。


スタントショーのポスター。昭和って感じ。


キャバレーのポスター。


かわいいブースカたち。


昭和のレコードジャケット類。なつかしいねー。


カトちゃん ケンちゃん の三国志人形


年代モノのブリキのおもちゃ。

自動車博物館


自動車を展示しているゾーンです。なぜか「サトちゃん」がお出迎え。


自動車博物館は3階建て。1階は60-70年代の軽自動車が展示されてました。スバル360のような有名な車だけじゃなく、


ダイハツフェローマックスなど、あまり名車とはされていないような車も並んでおります。これは私の母親が乗っていたので懐かしい。


マツダキャロル。「クリフカット」といってリアのガラスが垂直に立っています。ユニークでかっこいいデザイン。


ロータリーエンジンを積むはずだった、マツダ・シャンテ。


マツダポーター。


ダイハツ・ミゼット

頭文字Dの藤原豆腐店のセット


階段を登って自動車博物館の2階へ。頭文字Dの藤原豆腐店のセットがある!

これは藤原豆腐店のモデルとして実在していた豆腐店から看板類を譲り受けたもの。つまりレプリカではなく、本物といっていいようなものなのです。


自動車博物館2階は60-70年台のファミリーカーが中心に展示されていました。車に関係したパンフレット、雑誌、車のパーツ類も周りに展示されてます。


日本の大衆車の代表だったカローラ&サニー。ここはこんな大衆車でも、オリジナルのような状態で綺麗に保存、展示している点にとても好感が持てます。


ちいさいアメ車みたいな雰囲気のセドリック。


マークⅡ2ドアハードトップ。これ、うちの父親が乗ってたはず。小さい子供のころにタイムスリップした気分になる。


ハコスカ。GT-Rじゃない1500。


自動車博物館の3階。トヨタ2000GTが鎮座しております。ここは60-70年台のスポーツカーが中心。


フェアレディ1200。左ハンドル、まんまアメ車みたいな雰囲気の超レア車。


ケンメリGT-R


いま見ても変なデザインだとおもう日産チェリークーペ。


ハコスカGT-R


館長のおもちゃでしょうか。スバル360。


車とは異次元、宇宙船みたいなコスモスポーツ。


ヨタハチことトヨタスポーツ800。

外の庭

自動車博物館を出ますと外の庭にでます。

願いが叶う石


庭にもレトロな展示がありました。

ここからは折り返し。人形展示ゾーン。


レアだという革製ミッキー。


日本の人形、世界の人形などがならんでました。

リス園


建物の外にあるリス園。100匹ほどいるらしいのですが、暑かったせいで出てきたのは1匹だけ。

フェラーリF40


オーナーの所有物でしょう。F40。ガレージを開けるとすぐに走りに行ける感じ。

世界のワイン&ビール


飲めるのかと思ったら、瓶の展示だけ。

伊香保チョコレートファクトリー


「美味しいチョコレートやクッキを手作りしているところを見れる」とのことでしたが、何もしてませんでした。

キューピー絵付け体験


入館時にもらったキューピーちゃんの絵付け体験コーナー。なにか特別なことでもあるのか?と思っていたのですが、カラーペンを置いてあって勝手に塗り絵のように色を塗ってくださいねー、ってことらしい。


これが絵付けの模範例。


キューピーは自家製!

カフェ


カフェでグラスワイン100円!と、あったので飲みました。甘く飲みやすい。


ついでに上州梅の梅酒も。たぶん250円ぐらいでした。

この博物館の不満は、休憩スポットがほぼ無いこと。途中に休憩できるベンチとか、飲みものの販売機などがあったほうがいいのに。途中のどが渇いてしょうがなかった。