Loading...
国内のフルマラソン 出走記

福岡マラソン2017を走ってきました。その感想など。

今年4回目の開催の福岡マラソン、当選したので参加してきました。

Contents

福岡マラソン2017 大会情報

開催日:2017年11月12日(日)
開催地:福岡県福岡市~糸島市
種目:フルマラソン。車椅子・ファンラン(5.2km)も有
定員:12,000人(フルの合計) 抽選倍率:約3倍
参加費:10,800円(国外からのエントリーは12,960円)
制限時間:7時間
天候:晴れ 11~16℃位
コースマップ

 

福岡マラソン 受付

私は福岡に2013年の夏に1ヶ月少々住んでいたことがあったり、その後も何度か来る機会があったり、なじみのある所です。

2014年の秋から福岡マラソンが開催され今年で4回目。福岡マラソン初回は申し込んだけど抽選ハズレ、2~3回目は申込みし忘れ、今回申し込んでみたら当選したのでもちろん参加することにしました。久しぶりの福岡を走れるってことが楽しみ。

マラソン受付は、福岡市役所前。受付は前日、前々日のみ。EXPOも同時開催でしたが小規模。あんまりブースは無かったです。

受付でゼッケンなどをもらう。ゼッケン、パンフレット、荷物預けの袋、スポンサー様提供の品など。

Tシャツはこんなデザイン。SVOLMEのTシャツで、なかなか上質。

福岡マラソン2017 スタート

スタートは福岡市の中心地である天神の大通り。大通りの閉鎖前に脇道に並ぶ。

他の大会だと9時スタートが多いですが、この大会はスタート時刻がちょっと早めで、フルは8時20分スタート。整列は7時50分まで。

8時を過ぎると、大通りの交通規制が始まり、そちらへ移動。このときの気温は10℃ぐらいで、寒いといえば寒いけど、行列の中だと平気。

2年前は最高気温27℃とすごい暑い日の開催もあったようですが、今回は最高気温予想18℃、晴れでとても快適なマラソン日和となりました。

天神からスタート

芸能人とかゆるキャラは居なかった意外に地味な開会式のあと、車椅子の部が出発したあと、8時20分フルマラソンスタート。

コースは、天神から出発し、西のほうへ進み、福岡市の西隣の糸島市まで向うことになります。

ラーメンで有名な長浜のあたりで、とんこつスープを煮込むにおいが漂ってきて、福岡を走っていることを実感。

ヤフオクドーム(スタートから4km地点)

ヤフオクドーム前を通過。

福岡タワー(スタートから5km地点)

ヤフオクドームから西へ向うと、右手奥に福岡タワーが見えました。

もうちょっと観光スポット間近を通るコース設定にしてもらうと良いのですけどね。ヤフオクドームも福岡タワーも、ちょっと離れたところからみえただけ。

街路樹が秋らしい黄色くなっててきれいな「サザエさん通り」を進む。実は長谷川町子は福岡出身で、サザエさんの着想を得たのはこの「シーサイドももち」のあたりだったそうです。

今回はけっこう前のほうからスタートしたので混雑少なめ、接触も無く快調、と言いたいところでしたが、練習をほとんどしてなかったため、イマイチな気分。走っててキツイ。

マリノアシティの観覧車(スタートから8km地点)

観覧車が目立つ海沿いにあるショッピングモール「マリノアシティ」前を通過。海が見えると私はうれしくなる。

生の松原(スタートから11km地点)

松の並木が続く「生の松原(イキノマツバラ)」を通過。

海の上からも応援が!(スタートから13km地点)

生の松原を通過すると海!

船の上からマラソンを応援している人たちも!なんだか離島のマラソン大会のようです。

海の向こうには、以前にランニングしたことがある、能古島(のこのしま)と、志賀島(しかのしま)も浮かぶ。良い風景です。

私はやっぱり海岸線沿いを走るのが好き。ここまで低かったテンションが上がり始める。

長垂公園のあたりをぐるり海岸線沿いに廻ると、このあと向う糸島半島が見えてきました。

今宿の町を抜ける(スタートから14km地点)

糸島半島の東南端あたりに位置する今宿(いまじゅく)の街を通過。このあたり応援がすごい。沿道の方たちとハイタッチ!

15.8kmのエイドで「博多通りもん」GET!

今宿を過ぎたあたりのエイドで、博多銘菓「博多通りもん」が置いてあったのでいただく。やっぱりおいしい。

18.4kmのエイドで「LINE人形焼」GET!

次のエイドではスポンサー「LINE」提供の人形焼。私が掴んだのは「ヒヨコのサリー」の焼印でした。クマかウサギのほうが良かったのだけど。

九州大学伊都キャンパス(スタートから20km地点)

とってもゆるい坂をだらだら登って九州大学伊都キャンパスへ。すごい立派なキャンパスですが、周辺に飲食店とか娯楽施設はほとんど無く、勉強に専念するしかなさそうな環境。

九州大学伊都キャンパスを過ぎたところで折り返して戻る。

21.9kmのエイドで「ひよ子プチデザート」GET!

九州大学伊都キャンパスからの復路で、「ひよ子プチデザート」GET。あの銘菓「ひよ子」のゼリーバージョン。本当は夏季限定商品らしいです。

瑞梅寺川河口(スタートから24km地点)

九州大学から戻ってきて、瑞梅寺川の河口を海のほうへ向う。

25.1kmのエイドで「牧のうどんの豆乳うどん」GET!

25.1km地点「今津運動公園」のエイドで、牧のうどんの豆乳うどんGET!

あの福岡のソウルフード牧のうどんが給食で提供されてるとは!

箸はついてないので、口をカップにつけて麺を啜りこむ。冷たいうどんですがやっぱりとーっても柔らかい。豆乳の味はしない。たぶん生地に豆乳が練りこまれているのでしょうか。

長浜海岸(スタートから27km地点)

今津を過ぎると海沿いの道へ。「長浜海岸」というきれいな海岸があったり、

海に突き出た「福岡市海づり公園」もあったり。

晴れてるし風も無かったので海沿いでも走りやすい。こういった風景の中を走るのは大好きです。

29.2kmのエイドで「鈴乃○餅(すずのえんもち)」&「チロリアン」GET!

29.2kmエイドでは福岡のお菓子の代表の一つ「チロリアン」、それからこれは知らなかった「鈴乃○餅(すずのえんもち)」というお菓子をGET。

鈴乃○餅(すずのえんもち)は、生地がモチモチした小さめのどら焼きといった感じのお菓子でした。

宮浦の港(スタートから31km地点)

コース上最高標高地点へ(スタートから32km地点)

福岡マラソンのコースはとってもフラット。登り坂は九州大キャンパスのところがとっても緩やかな登りがあったのと、宮浦の港の先だけ。といっても標高差は30mも無い程度。

エアーサロンパスケアステーションに救われる

西浦という集落を過ぎたあたり。ちょっと足が攣りそうになる。で、ほんのちょっと進んだ先には、スポンサーのエアーサロンパスケアステーションが。

ランナーひとりひとりにエアーサロンパスのサンプルを1本プレゼントという太っ腹。たっぷり足全体にスプレーしたら、攣りそうな気配がまったく無くなり、助かりました。

エアーサロンパスって、その効果に懐疑的だったのですけど、その効果を実感。

ハワイのビーチみたいな二見ヶ浦(スタートから35km地点)

「二見ヶ浦」という糸島半島北部にあるビーチにやってきました。

このビーチ、カフェが数軒並んでたりサーファーがいたり、ハワイや沖縄みたいなリゾートっぽい雰囲気があってとてもいい感じ。

二見ヶ浦のビーチ全体。沖にあるのは「桜井二見ヶ浦の夫婦岩」。

36km過ぎからは田園地帯を南へゴールまで

だいたい36km過ぎてからは海を離れて、田園地帯の中を南下し、ゴールへ向う。応援の人も多いし走ってて気持ち良いです。

かかしも応援してくれてます。

ゴールへ向けラストスパート。

糸島市交流プラザ志摩館前で福岡マラソンゴール

大勢の観客の人たちの声援を受けながら、「糸島市交流プラザ志摩館」の前でゴール。タイムはいつもどおりって感じでした。

福岡マラソン完走賞のバスタオル

ゴール後はまずバスタオルをかけてもらって、

福岡マラソン2017のメダルはこんなかんじ

それからメダルもかけて貰いました。

アイシング&ドリンク用のロックアイスのサービスもありがたい。

福岡マラソンゴール後の”おもてなし”がすごい

ゴール後は着替えて、おもてなし会場へ。これがなかなかすごかった。

久原本家のお出汁

スポンサーである久原本家のお出汁のサービス。

JA全農ふくれんのお餅

JA全農ふくれん もち米部会の焼き餅。

アサヒドライゼロ

前日の受付時ももらった、アサヒドライゼロ

以上は、ランナーエリアの大会スポンサーさんのブース。次に向うはランナー以外も入れる「おもてなしエリア」。「おもてなしエリア」ではランナーには無料で振舞われる食べ物がたくさんあり、それらをいただくだけでお腹いっぱいになるくらいでした。

「おもいでや一力寿司」の鯛ラーメン

おもいでや一力寿司さんで鯛ラーメン。

「創作居酒屋四季彩」の牛スジ煮込み

創作居酒屋四季彩」さんの牛スジ煮込み。

「牡蠣小屋住吉丸」の牡蠣シュウマイ

牡蠣小屋住吉丸」さんの牡蠣シューマイ。

「110west.inc」のフレーバフルドライ

110west.inc(ワンテンウエスト ドットインク)さんの“フレーバフルドライ”。無添加でとても自然な風味のドライフルーツでした。

「JA糸島」の糸島牛&糸島豚

「JA糸島」の糸島牛&糸島豚

「陶翠苑」の炙り鯖寿司&鳥のもも焼き

陶翠苑」さんの炙り鯖寿司&鳥のもも焼き。

「糸島たまご屋本舗」の牡蠣の佃煮

糸島たまご屋本舗」さんの牡蠣の佃煮。牡蠣がぷっくり煮えててとってもうまい。

以上、ランナーは無料で頂けました!糸島のおいしいものをたくさん食べられて幸せです。

このあとは、無料のシャトルバスで最寄り駅まで行ってから、温泉へ向いました。

 

福岡マラソン2017の感想

福岡マラソン2017の感想としては、

  • コースが平坦で走りやすい
  • 糸島の海沿いの風景がとてもいい。
  • 糸島のおいしいものがたくさん食べられた。
  • 運営もしっかりしてて特に混雑、トラブルなどは無し。
  • 応援の方が多く、ハイタッチもたくさんさせてもらいました。

私が印象に残っているのは、糸島半島の海&低山&田園風景とたくさんの観客の方。それから糸島の食べ物。なんだか大都市から近いのにのんびりしてて、離島のマラソンに雰囲気が似てる。糸島良い場所だなー、と思ったのです。

私の印象としては、この大会は福岡のマラソンというより、糸島のマラソン。