Loading...
埼玉のマラソン 出走記

狭山市体育協会創立60周年記念 クロスカントリー in Sayama 2016

クロスカントリー in Sayama 2016 基本データ

開催日時:2016年12月11日(日)
開催地:埼玉県狭山市 県営狭山稲荷山公園
種目:6km。2km(小学生)、4km(中高生+一般女子)も有り。
参加費:3000円
天候:晴れ 気温8℃位、風速3m位、湿度50%位
コースマップ

県営狭山稲荷山公園内の一周2kmの特設コースを周回。

クロスカントリー in Sayama 2016 スタートまで

会場は埼玉県営狭山稲荷山公園

クロスカントリー in Sayamaは今年で24回目のクロスカントリー大会です。会場は狭山市にある県営狭山稲荷山公園。県営狭山稲荷山公園は狭山市にある航空自衛隊入間基地の西隣に位置します。

西武池袋線の稲荷山公園駅が公園の直ぐそばにありますが、私は川越方面から行ったので、西武新宿線狭山市駅で下車し徒歩で1.5kmほど、航空自衛隊入間基地の滑走路の北側を歩いて会場へ。

航空自衛隊入間基地はかつては米軍基地でジョンソン基地と呼ばれてて、直ぐそばには沖縄にはよくあるアメリカンスタイルのレストランが残ってたり、ちょっと離れたところには外人住宅を再利用したジョンソンタウンという街があったりします。私が好む雰囲気が残る場所で、大会終わった後にはそこでご飯を食べて帰ろうかと思ってたのですけどね。

そもそもクロスカントリーとは

私、はじめてのクロスカントリー大会参加です。クロスカントリーとは未舗装の道を走る競技。ちなみに舗装路の公道を走る競技がロードレース山道を走るのがトレイルラン。私のブログではランニングの大会全般をマラソンと書いてしまっていますが、正確にはマラソンは公道を42.195km走る競技のこと。走る大会といってもいろいろ種類があるのですね。

クロスカントリー in Sayama受付

0001_2016sayama
会場に到着し受付。参加賞はTシャツ、パンフレット、うどん食券、「埼玉グランドスラムのウェットティッシュ」、ロッテのキシリトールガム。ゼッケンは種目(年代)ごとに色が違うので、集合したときはカラフルでした。

ビブラムファイブフィンガースで初レース

0002_2016sayama
普段走るときはナイキ一辺倒ですが、今回はじめてビブラムファイブフィンガーズで大会に出てみることにしました。靴底のクッション部が薄く裸足に近い感覚のビブラムファイブフィンガースを2年ぐらい愛用してるのですが、あくまでスポーツジム用でした。ヤフオクで安いものを見つけるたびに買ってて、いまでは4足持ってるので、1足は外ラン用に下ろそうかなということで、一番底の厚いビブラムで走ることにしました。もちろんクロスカントリーで6kmと距離が短いので、足への負担も少な目で、ビブラムで走るいい練習になるはず、というのも理由。

クロスカントリー in Sayama コースの様子

0003_2016sayama
クロスカントリー in Sayamaは狭山稲荷山公園内の特設コースを周回します。コースの風景はこんな感じ。スタート地点は芝生の広場。

0005_2016sayama

このような公園内の風景の中を走ります。芝生、土、厚く重なった落ち葉、舗装など、いろんな状態の場所を走るコースです。

0004_2016sayama

最後のゴール前の直線の舗装路の風景。

クロスカントリー in Sayama 2016 スタート

0006_2016sayama

空は快晴。気温は8℃ぐらいしかなく寒かったのですが、日差しがある分だいぶマシでした。

たまに入間基地から飛行機がのんびり飛び立つ姿をみながらスタート時刻を待つ。私が参加した40代の部は50代、60歳以上の部とともに11時スタート。

コースは上に書いたとおり、稲荷山公園内の特設コースで、基本は未舗装路。適度なアップダウン(標高差20m程度)も有り。

私、初ビブラムファイブフィンガーズでのレースだったので、スピードはちょっと控えめ。舗装路を走るときよりは全然足への負担は少ないものの、やはり早く走ろうとしたり、下り坂では足への負担がかかる。落ち葉の上を走るときとは、芝生の上とかを走るときに地面の状態を足裏でダイレクトに感じることができるのは、面白かったです。

クロスカントリー in Sayama 2016 ゴール

完走証

0007_2016sayama

周回コースを3周してゴール。ゴールラインの直ぐ先で、完走証をもらえました。タイムは28分38秒。順位は40代の真ん中より下。今回はビブラムでの練習ランのつもりでしたが、もうちょっとがんばれたかもしれません。

狭山市はお茶の名産地

0008_2016sayama

狭山といえば「お茶」、ということで、無料のあったかいお茶サービス有り。寒いので熱いお茶はありがたい。おいしいお茶でした。

参加者にはうどんがサービス

0009_2016sayama

参加賞としてうどん引換券がついてきてので、うどんを食べる。きちんと一人分の熱々うどん。美味しく頂いて温まる。お腹も満腹になってしまったので、近くのアメリカンなお店でハンバーガーでも食う計画は実行できず。ちなみにうどんにトッピングされている葱は地元の方のご提供(パンフレットに「うどんのネギ提供」ということで生産者の個人名が掲載されてました)

アクエリアスもサービス

0010_2016sayama

ドリンク引換券でアクエリアスをもらいました。

この大会は、6kmと短めで参加者も多いわけではないですが、計測は『ランナーズチップ』、コースの距離も正確、もらえるものも多いし、小規模な大会の割にはきちんと運営されてて、好印象でした。コースも走りやすく、アップダウンがあるのも楽しく、なかなかよかったですし。