Loading...
ランニングについての雑記

埼玉マラソングランドスラム「ロードレースマスターin埼玉」認定されました!

2015年後半から2016年にかけて頑張って埼玉県内のマラソン大会に出まくったのは、埼玉マラソングランドスラム「ロードレースマスターin埼玉」の認定を受けたかったから!

埼玉マラソングランドスラムとは?

埼玉県ではたくさんのマラソン大会が開催されてますが、その主催者等が連携して埼玉県内のマラソンを盛り上げるために2013年に発足したのが「埼玉マラソングランドスラム連絡協議会」。その加盟大会にたくさん参加して基準を満たしたうえで申請すると「埼玉マラソングランドスラム認定者」として認定書がもらえます。
埼玉県の市町村が主催しているマラソン大会のほとんどがこの加盟大会になっていますが、なぜか所沢シティマラソンなどは対象外になってたり、逆に蓮田マラソンのように民間団体が開催している大会が加盟してたりもします。

埼玉マラソングランドスラム認定者とは?

4つの部門が有ります。

・第1部門…1シーズンに1人で加盟大会を合計160km以上走破
・第2部門…1シーズンに家族で加盟大会を合計160km以上走破
・第3部門…1シーズン中に加盟大会を10以上走破
・第4部門…(5km、10km、ハーフ最速者)
第4部門は最速タイムなので普通の人は狙えません。

第1~3部門は10月から5月頃までのシーズン中に上記条件を満たせばいいので、マラソン好きにとってはむずかしい条件ではないですが、埼玉県で開催されている大会のほとんどはハーフやそれより短い距離の大会ばかりなので、第1部門の160km以上の条件をクリアするには8大会以上に参加が必要といった感じ(2016年後半からのシーズンでは、フルマラソンのさいたま国際マラソンも加盟)。
私の場合は
①上尾シティマラソン
②加須こいのぼりマラソン大会
③小川和紙マラソン
④みさとシティハーフマラソン
⑤藍のまち羽生さわやかマラソン大会
⑥熊谷さくらマラソン大会
⑦行田市鉄剣マラソン大会
⑧本庄早稲田の杜クロスカントリー&ハーフマラソン大会
以上が全部ハーフなので約21km×8大会=約168kmを走り第1部門の条件クリア。蓮田マラソンの10kmも走っているので合計で178km走っております。あと一大会でてれば第3部門に申し込めたのですが達成できず。
第1部門、第3部門のどちらが上ということはないのですが、第3部門の認定者にしか副賞を出さない大会もあるので、どうせだったら第3部門の方がいいです。

埼玉マラソングランドスラム認定されるメリット

認定者は

①認定書を貰える
②次シーズン加盟大会に参加するときに「副賞・特典」をもらえる

というメリットがあります。
副賞は各市町村の地場産品やゆるキャラのグッズなどがもらえますが、そもそも用意されてない大会や、用意があっても応募者多数の場合抽選になってしまう大会もあります。
埼玉マラソングランドスラムに認定されました
こちらが認定書。シーズン終了後の6月に申請して、8月になってようやく送られてきました。埼玉県のキャラクター「コバトン」が描かれてます。
埼玉マラソングランドスラムに認定されました
認定書といっしょに送られてきた各大会の副賞等一覧。2016年後半からの2017年前半の大会に参加するときに、グランドスラム認定者であることを申告することで副賞を貰えます。が、事前に電話したりする必要があるので、けっこう面倒くさいということが分かりました。。

でもせっかく認定されたので、埼玉県内の未参加の大会をいろいろ参加してみたいと思っております。